ニュース|ガンダムカフェ

  • 秋葉原店
  • 東京駅店
  • お台場店
  • ツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガンダムの世界観と日本の伝統品・技術とを融合させる「Discovery-G」シリーズ第2弾として、匠の技「TSUBAME」とコラボレーションした『Gundam バーニアタンブラー チタニウム』(7,223円/税抜)の店頭販売を2014年10月9日(木)より開始いたします。

※販売は終了いたしました。
■商品特長

「機動戦士ガンダム」世界の「バーニア」とは

本商品は、「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ「RX-78-2 ガンダム」の背部にあるランドセル内の円錐台をした噴射装置“バーニア”をモチーフとしたタンブラーです。
前作のステンレス製バーニアタンブラーを更に進化させたハイエンドモデルとして制作し、デザイン形状を可能な限り再現しました。素材にはあらゆる金属の中で最も人体に無害なTP270チタニウムを使用。軽くて錆びず、耐久性に優れた理想の金属に陽極酸化という発色加工で、人工的に屈折率の高い皮膜を施し、この皮膜がプリズムの役割を果たし光線を屈折させる為、光が干渉し合い波長の光が抜けだし着色されたかのように艶やかで鮮やかな色合いを出します。この色は金属が高温で熱され変色して付く焼き色の様で、より金属製のバーニア(噴射口)の雰囲気を醸し出します。この焼き色は、一つ一つ金属表面の酸化皮膜の厚みを変化させながら色を付けており、職人たちの手による本格派の商品に仕上がっています。
また、パッケージに機動戦士ガンダム35周年のロゴが入ったメモリアルアイテムとなっています。

「Made in TSUBAME」とは

寛永3年(1626年)、信濃川氾濫をきっかけに農家が副業として江戸の和釘鍛冶職人から和釘作りを学び、作り始めたところから今の燕金物産業が始まりました。
ステンレス加工の最高峰といえる燕の匠達の手により魂が注がれ、空想の世界のパーツが「Made in TSUBAME」の印を刻まれて実用品として誕生しました。

-確かな品質の保証-
新潟県燕市で生産された優れたデザイン・品質の商品に対して、燕商工会議所が審査・認証を行い、許可を得た物だけが燕のロゴマークの使用が許されています。

パッケージイラストを担当している「大河原邦男」氏とは

パッケージイラストを担当している「大河原邦男」氏は、ガンダムのオリジナルデザイナーです。
氏は「ものづくり」への造詣が深く、一流メーカーとのコラボレーションで、こだわりを感じさせる様々なプロダクトを生み出してきました。
この度、プロダクトとして最高品質を誇る「Made in TSUBAME」の真価を理解し、それにメカデザインの職人としてビジュアルで応えるべく注力いただいたパッケージになっています。

■商品概要
商品名 Gundam バーニアタンブラー チタニウム
価格 7,223円(税抜)
対象年齢 15歳以上
セット内容 タンブラー1個(桐箱入り)
商品サイズ 外形寸法 79mm×高さ86mm
商品素材 TP270チタニウム製
生産国 日本製 (Made in TSUBAME)
販売店舗 ガンダムカフェ(秋葉原店、ダイバーシティ東京プラザ店、東京駅店、イオンモール幕張新都心店)
発売期間 2014年10月9日(木)~2015年3月31日(火)
※数量限定のため、なくなり次第販売終了になります。

※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。